末端冷え性とアルコールの関係

末端冷え性とアルコールの関係

実は末端冷え性とアルコールの2つは、深く関係しています。

 

【金時しょうが粒】

 

めっちゃ簡単な冷え性対策!、こごえて眠れない夜にサヨナラ!

 

手順1:いつも金時しょうがを食卓に置いておく。
手順2:1日に2粒飲む!

アルコールは末端冷え性の原因となる?

日本酒は体を温める作用もある。

肌寒い季節になってくると、「こんなに寒いのだからお酒を飲んで身体を温めよう」と考える方もいるかもしれませんが、実はそれは逆効果なのです。

お酒を飲むと血流が良くなって体中がポカポカと温まるような気がしますが、実はあくまでも一時的なものです。

 

アルコールが身体の中に入ると肝臓内で分解しますが、その分解のために大量の水分を消費するので体内の水分を奪ってしまいます。
そして体内の水分量が通常よりも少なくなることによって血液の濃度が高くなってしまい、それによって血行が悪くなるため冷え症になってしまいます。
さらにアルコールの中でも冷えたビールなどは内臓を急激に冷やしてしまうため、冷え症を悪化させてしまいます。

 

お米が原料のお酒は身体を温めると言われており、逆に麦が原料のお酒は身体を冷やすと言われています。
原料が麦であり、キンキンに冷やされているビールを飲めば、身体が冷えてしまうのは当たり前ですね。

 

 

すべてのアルコールが体を冷やす?

しかしアルコールのすべてが身体を冷やすというわけではありません。
一体どのような種類のアルコールを飲めば、そこまで身体を冷やさずに済むのでしょうか?

 

赤ワイン

ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールには鉄分が含まれ、造血作用が強いため血行が良くなります。

 

日本酒

栄養素が高い上に原料がお米であるため、身体を温める作用があります。
日本酒は美肌にも効果的なので、1合〜2合を目安に飲みましょう。

 

紹興酒

アミノ酸が豊富に含まれています。
少し温めて飲むと、より身体を温める作用が高まります。

 

 

ワインもホットワインで飲む方がいい。

以上のアルコール類が、身体を温める効果があります。

しかしせっかく身体を冷やさないアルコールを選ぶのでしたら、その飲み方にも工夫をしたいところですよね。
これは飲み物全般にも言えることですが、キンキンに冷やさずに常温または温かい状態で飲むのが良いのです。

 

日本酒などは常温または熱燗で飲むようにしましょう。
「赤ワインは冷やして飲みたい」という方もいると思いますが、こちらはホットワインで飲むようにしてみましょう。

 

ただしアルコールは基本的に身体の水分を大量に失ってしまう作用があるので、決して飲みすぎずに嗜む程度にしましょう。
どんなものでも、飲みすぎや摂取のしすぎは良くないものです。

 

 

アルコール摂取しすぎは見直しを

中には、「仕事でストレスが溜まっていて、お酒を飲まないとやっていられない」とか、「お酒が好きで、ついつい飲みすぎてしまう」という方も多いと思います。
お酒は美味しいものですから一人でもゆっくりと楽しめるものですし、友人や同僚と話しながら飲むひと時も良いものですよね。
少量なら良いのですが、アルコールの飲みすぎは末端冷え性につながるだけではなく、身体によくありません。
具体的に、身体にどんな害があるのかをご説明します。

 

アルコールを飲みすぎることで色んな病気につながってしまいますが、代表的なものは以下のとおりです。

 

アルコール性肝障害

お酒を飲むとアルコールを肝臓で分解するため、肝臓に負担がかかります。
脂肪肝から始まり、最終的には肝硬変になってしまいます。

 

アルコール依存症

一昔前は『アルコール中毒』と言われていましたが、その名のとおりアルコールに依存してしまう病気です。
自分の意思でお酒を断つことはできないため、止めようとする家族や友人との関係も壊れてしまうケースが多いです。
近年は若い女性の発症率も高い病気ですし、「自分はいつでも酒を辞められる」と考えている方は特に要注意です。

 

生活習慣病

アルコールを飲むことですい炎が引き起こされ、インスリンの分泌を少なくしてしまうことで糖尿病になってしまいます。
さらに、咽頭がん、食道がん、胃がん、大腸がんなどのリスクが高くなります。

 

 

このように、アルコールの飲みすぎには良いことがありません。
しかし「どれほど危険なのかはわかったけれど、意志が弱いからついつい飲みすぎてしまう」という方もいるでしょう。
日本酒は1合、ワインはグラス2杯程度が適量だと言われていますが、「仕事の付き合いで、それ以上は飲んでしまう」という場合もあると思います。
しかしアルコール依存症にならないためにも、周りの協力を得ながら強制的に休肝日を設けてみましょう。

 

これ以上深みにはまる前に、自分でアルコールの飲み方をコントロールしていくべきです。
自分の健康のためには、アルコールと上手に細く長く付き合っていくことが必要です。
アルコールとの付き合い方を見直す良い機会だと考えて、冷え性も改善していきましょう。

 

 

アルコール以外の末端冷え性改善方法

手足ブラブラグーパー運動

手足の力を抜いたまま、上下左右にブラブラしたり手足をグーパーしたりすることを数回繰り返しましょう。
身体の末端に滞った血が流れやすくなるためポカポカします。

 

かかとあげ運動

立ったままで壁などに手を添え、5秒かけてかかとを上げ下げします。
ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれているため、ふくらはぎを動かすことで血行が良くなるのです。

 

しかしあくまでも短期的な対処方法ですので、食事内容の見直しや有酸素運動を継続して行い、冷え性改善に長期的に取り組んでみましょう。

 

【金時しょうが粒】

 

こんなにすっごい!、金時しょうが粒を知っていますか?

 

いつも食卓に金時しょうが粒のパッケージを置いておき、1日に2粒だけ飲む習慣を身につけるのは難しい話ではありません。

 

毎晩、靴下を履いてても全然寝付けなかったつらさが嘘のように、裸足でぐっすり眠れるようになるかも?
もう、仕事中にかじかんだ手で必死にパソコンを触るのでなく、快適に鼻うたを歌いながらこなせるようになるかも?
凍るように冷たい日常の拷問から解放されて、同じ悩みを抱える友人にびっくりされるかも?

 

そうしたら教えてあげましょう。

 

「しょうがの4倍の温め成分!、ポカポカ加速成分のヒハツとヘスペリンジン!、潤いのヒアルロン酸まで配合された金時しょうが粒っていうサプリメントがあってね!」

 

冷えは万病の元といいますが、もちろん美容にも大きく影響するんですよ!