末端冷え性と甘いものの関係

末端冷え性と甘いものには密接な関係が?

目の前に甘いものがあるとついつい食べ過ぎてしまいますよね。

 

「仕事を頑張ったご褒美に…」
「家にあるとついつい食べちゃう」

 

なんて方もいるかもしれません。
しかし実は、甘いものを食べることが冷え症につながっている可能性があるのです。

 

【金時しょうが粒】

 

めっちゃ簡単な冷え性対策!、こごえて眠れない夜にサヨナラ!

 

手順1:いつも金時しょうがを食卓に置いておく。
手順2:1日に2粒飲む!

え?末端冷え性の原因が甘いものの食べ過ぎ?

いつも何気なく料理などに使っている砂糖が冷えの原因の一つだったなんて…驚いてしまいますよね。

 

甘いものの食べすぎが末端冷え症になるというのは、一体どういうことなのでしょうか?
冷え性を悪化させないためにも、甘いものは食べない方が良いのでしょうか?

 

具体的にご説明していきます。

 

 

どうして甘いものが冷え性をひきおこすの?

砂糖はサトウキビから作られているものですが、実はこのサトウキビが体を冷やしてしまう食材の一つです。
サトウキビは暖かい地域で作られている食材であるため、体を冷やす作用が強いのです。
※暖かい地域で育つ食材は体を冷やし、寒い地域で育つ食材は体を温めます。

 

そのため冷え性に悩んでいる方は、サトウキビを原料としている『白砂糖』や『三温糖』などは控えた方がいいでしょう。

でも甘いものをやめられない!

そうは言っても、甘いものが大好きな人にとって甘いものを我慢をすることはとても辛いことですよね。
我慢しなくても良い方法はないのでしょうか?

 

実は砂糖といっても色んな種類があります。
身体を冷やす糖質か、温める糖質かどうかなどの種類別にしてご説明します。

 

身体を冷やしてしまう糖類

白砂糖…サトウキビの搾り汁から不純物を取り除き、精製したものです。
三温糖…砂糖製造後の糖液をさらに煮詰めたものです。

 

どちらとも言えないもの

黒砂糖…サトウキビの絞り汁を煮詰めたもので、カリウムやビタミン等の栄養が豊富です。
きび砂糖…精製途中でビタミンなどの栄養を残して煮詰めて、作られます。
メープルシロップ…サトウカエデの樹液を、煮詰めて濃縮したものです。
蜂蜜…ミツバチが花の蜜を採集して貯蔵したものです。その8割が糖分であり、ミネラルも含んでいます。不眠や疲労回復にも良いと言われています。

 

身体を温める糖類

てんさい糖…砂糖大根の根から出た糖液を煮詰め、濾過したものです。
この砂糖大根は寒い地域で作られているため、身体を温める作用があります。

 

 

 

白砂糖は特に冷え性に良くない砂糖。

糖分といっても、このように様々な種類があります。

体を冷やす白砂糖などは控えめにし、身体を温めるてんさい糖を毎日の料理に取り入れていくことをお勧めします。

 

白砂糖は何度も精製された結果としてビタミンやミネラルが除かれているため、栄養がありません。
さらに体内に取り込まれてエネルギーに変換されるときに、カルシウムやビタミンBを必要とします。

 

ビタミンBは赤血球を作るために必要なものですが、砂糖の過剰摂取によってビタミンBが欠乏してしまい血液量が少なくなってしまうのです。
血液量が少なくなった結果、冷えへとつながってしまいます。

 

また白砂糖は身体に吸収されるスピードが速いため、血糖値が急激に上がってしまいます。
すると身体はインスリンによって急激に上がった血糖値を下げようとしますが、体温も低下させてしまうのです。
砂糖の中でも白砂糖は、特に身体を冷やすものであることが分かりますね。

 

しかし
「どうしても市販のデザートが食べたい!」
「家でデザートを作るのは大変だな…」
という方にお勧めの方法があります。

 

実は市販のデザートでも、食べ方を工夫すれば我慢しなくてもいいのです。

 

食後に少しデザートを食べるくらいなら、食事を消化することによって体が温まっているため、多少甘いものを食べても問題はありません。
また和菓子は洋菓子よりも糖分が少ないため、冷えにつながりにくいのです。
今までは洋菓子が大好きだった方も、これを機に和菓子を食べてみてはいかがですか?

 

 

特に飲み物に注意

また食べ物だけでなく飲み物にも注意する必要があります。
清涼飲料水の中でも糖分が入っているものは控えめにしましょう。
特に炭酸は薄味に感じてしまうため、本来の味よりも多くの糖分を使用しています。
そのため冷え症を悪化させないためにも、できるだけ控えた方が良いでしょう。

 

いずれにしても、甘いものの摂りすぎには注意しましょう。
毎日の習慣を見直して、少しでも早く冷えの辛さから開放されましょう。

 

【金時しょうが粒】

 

こんなにすっごい!、金時しょうが粒を知っていますか?

 

いつも食卓に金時しょうが粒のパッケージを置いておき、1日に2粒だけ飲む習慣を身につけるのは難しい話ではありません。

 

毎晩、靴下を履いてても全然寝付けなかったつらさが嘘のように、裸足でぐっすり眠れるようになるかも?
もう、仕事中にかじかんだ手で必死にパソコンを触るのでなく、快適に鼻うたを歌いながらこなせるようになるかも?
凍るように冷たい日常の拷問から解放されて、同じ悩みを抱える友人にびっくりされるかも?

 

そうしたら教えてあげましょう。

 

「しょうがの4倍の温め成分!、ポカポカ加速成分のヒハツとヘスペリンジン!、潤いのヒアルロン酸まで配合された金時しょうが粒っていうサプリメントがあってね!」

 

冷えは万病の元といいますが、もちろん美容にも大きく影響するんですよ!