末端冷え性対策としての漢方

末端冷え性対策としての漢方

漢方薬で冷え改善もできる。

冷えは万病の元と言われるように、冷え性は色んな不調や病気を引き起こすと考えられています。

そのため冷え性を我慢せずに、早めに対策を取らなければいけません。

 

冷え性に漢方が有効であることはご存知ですか?
漢方薬をただ飲めば治るというわけでもありません。
体を温める食べ物を摂取したり適度な有酸素運動をしたりすることなども心がけることによって、冷え性は大きく改善できます。

 

冷え性に効果がある漢方といっても色々な種類があるため、自分の冷え性のタイプを知った上で自分の体に合った適切な漢方を服用しなければ、あまり効果は期待できません。

 

【金時しょうが粒】

 

めっちゃ簡単な冷え性対策!、こごえて眠れない夜にサヨナラ!

 

手順1:いつも金時しょうがを食卓に置いておく。
手順2:1日に2粒飲む!

どのような漢方があるか

冷え性に効く漢方をご紹介します。

気血タイプ

エネルギーや血が不足しており、全身が冷えている。疲れやすく食欲もない場合

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

 

於血タイプ

細い血管に血が巡らないため手足が冷えている。肩こりや生理痛がひどい場合

温経湯(うんけいとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

 

気滞タイプ

下半身は冷えているが、上半身だけのぼせている。自律神経が乱れている場合

清心(せいしん)、四逆散(しぎゃくさん)、真武湯(しんぶとう)

 

腎虚タイプ

お腹や腰が特に冷えている。消化機能が低く、生理痛も重い場合

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

 

など、色々な種類があります。
次に、自分に合った漢方はどこで手に入るのかをご紹介します。

 

 

漢方はどうやって購入する?

病院や漢方薬店で入手できる。

購入できる場所としては、
  • 病院での漢方外来
  • 漢方薬局
  • 一般的な薬局

などがあります。

 

いずれにしても元々の体質や冷え性のタイプによって飲むべき薬は違ってくるため、その見極めが必要です。
適切な漢方を処方してもらうためにも、自分の元々の体質や不調を感じている部分についてある程度まとめ、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

末端冷え性・他の改善方法は?

「今すぐ薬局には行けない」「手っ取り早く改善できる方法はないか」とお悩みの方に、簡単に行える体操などをご紹介します。

 

今冷たいときの改善方法

手足ブラブラグーパー運動

手足の力を抜いて上下左右にブラブラさせるだけで、血行が良くなります。
また手や足をグーパーすることを数回繰り返すだけで、手先や足先の滞った血が流れやすくなり、ポカポカと温かくなってきます。

 

かかとあげ運動

自然に立った状態から、ゆっくりとかかとをあげて爪先立ちの状態になります。
そのまま5秒静止してから、再びゆっくりとかかとを床に下ろします。
転倒防止のために、壁などに手を添えながら行いましょう。
※ふくらはぎは心臓や体中に血液を送るポンプのような役目があるため、第二の心臓と呼ばれています。このようにふくらはぎを動かすことで全身の血行が良くなります。

 

内と外から温める

湯たんぽでお腹を温めよう

湯たんぽなどを手や足に当てたり、足浴したりすることもある程度の効果はありますが、あくまでも一時的なものです。

栄養不足などによって体全体の熱量が不足している場合は、体の中心を温めようとするため、その結果として手足が冷えてしまいます。
そのためお腹などの体の中心を温めることで手足も温かくなります。
腹巻などでお腹を冷やさないようにすることはもちろん、38℃〜40℃ほどのぬるめのお風呂にじっくり浸かることによって血行がよくなり全身を温めることができます。
また白湯やココアなどの温かい飲み物を飲むことによって、体の内側から温まります。

 

長期的な改善方法

長い目で見ると、病気にならないためにも『冷え』を完全に解決することが必要です。
そのためには継続的な有酸素運動と、栄養バランスが良い『冷やさない食事』が大切になってきます。

 

有酸素運動のすすめ

有酸素運動とは十分に呼吸しながら行える軽い運動のことです。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うことによって、酸素を取り込んだ血液がより多く流れます。
それによって血行も良くなり、冷え性の根本的な解決やダイエットにも効果的です。
しかし今まで運動をする習慣がなかったのであれば、『毎日ウォーキングを30分する』と急に決めても続けるのは難しいでしょう。
例えば『家までの距離をちょっと遠回りして歩いてみる』など、ほんの些細なことでも構いません。
毎日の積み重ねと、健康に向けて意識することが大切になってきます。

 

食事の注意点
  • 体を温める食べ物…かぼちゃ、しょうが、たまねぎなど
  • 体を冷やす食べ物…きゅうり、なす、トマトなど

しかし『トマトは体を冷やすから絶対に食べてはダメ』という極端な話しではありません。
体を冷やす物はほどほどに食べ、体を温めるものは積極的に取り入れるようにしましょう。
また温かい料理として摂取することも、冷え性に効果があります。

 

ダイエットで食事制限をしてしまうと、栄養不足になってしまうのは当たり前です。
またミネラルやビタミンなどの栄養素が足りなくなることで、冷え性が悪化してしまいます。
健康のためにも冷え性を改善するためにも、栄養バランスを考えた食事を摂ることが何よりも重要になってきます。
もし食事で摂取しきれない栄養素がある場合は、サプリメントなどで補うようにしましょう。

 

【金時しょうが粒】

 

こんなにすっごい!、金時しょうが粒を知っていますか?

 

いつも食卓に金時しょうが粒のパッケージを置いておき、1日に2粒だけ飲む習慣を身につけるのは難しい話ではありません。

 

毎晩、靴下を履いてても全然寝付けなかったつらさが嘘のように、裸足でぐっすり眠れるようになるかも?
もう、仕事中にかじかんだ手で必死にパソコンを触るのでなく、快適に鼻うたを歌いながらこなせるようになるかも?
凍るように冷たい日常の拷問から解放されて、同じ悩みを抱える友人にびっくりされるかも?

 

そうしたら教えてあげましょう。

 

「しょうがの4倍の温め成分!、ポカポカ加速成分のヒハツとヘスペリンジン!、潤いのヒアルロン酸まで配合された金時しょうが粒っていうサプリメントがあってね!」

 

冷えは万病の元といいますが、もちろん美容にも大きく影響するんですよ!