末端冷え性と自律神経の関係

末端冷え性と自律神経の関係

末端冷え性が自律神経失調症と関係があるということはご存知でしょうか。
末端冷え性にはいくつかの原因がありますが、その原因の一つに自律神経失調症があります。

 

人間の体では、自律神経の作用によって体温調節機能が働きます。

 

体温調節機能

エアコンの効きすぎで体温調節が出来なくなる。

暑いときは汗をかいて熱を発散することで体温を下げ、寒いときは熱を産生することで体温を上げ、寒さを和らげることができます。

 

しかしエアコンがついている室内では自分で体温を調節する必要が少なくなってしまいます。
その状態が長期間続いてしまうと、体温調節機能が正常に働かなくなってしまい、汗を上手にかけずに熱がこもることで熱中症になってしまったりします。

 

また現代はストレス社会と言われるほどストレスに溢れた世の中ですが、このストレスも自律神経失調症の原因の一つです。
寒すぎまたは暑すぎる室内や、ストレスに溢れた社会などによって自律神経のバランスが崩れ、体温調節機能が働かなくなり末端冷え性になってしまう。
このような悪いループを早く断ち切らなければ、体にとって良いことはありません。

 

次に自律神経についてご説明します。

 

【金時しょうが粒】

 

めっちゃ簡単な冷え性対策!、こごえて眠れない夜にサヨナラ!

 

手順1:いつも金時しょうがを食卓に置いておく。
手順2:1日に2粒飲む!

 

自律神経について

自律神経とは自分で意識せずに動いており、交感神経副交感神経の2種類があります。
これらが相互に逆の働きをすることによって、血管を広げたり収縮させたり、内蔵を動かしたりしています。

 

交感神経

緊張・興奮している状態・ストレス状態にあるときに優位に働く。
血管拡張したり、心拍を早くしたりするなど、体を活発に活動する作用がある。

 

副交感神経

リラックスできる時間を作ろう。

リラックスしているとき優位に働く。

血管を弛緩させたり心機能を抑制するなど、体を休ませる作用がある。

 

通常は交感神経と副交感神経がバランスをとりながら、体内の様々な調節をしています。
しかし緊張状態が続くことで交感神経が優位に働き、血液などのエネルギーが体中に行き渡らなくなってしまい、その結果として末端冷え性になってしまいます。
逆に弛緩しっぱなしでも、血行が悪くなってしまいます。
要は2つのバランスを上手に取ることができていれば、血行が良くなり末端冷え性を防ぐことにつながる、ということなのです。

 

 

自律神経のバランスを失う原因

しかしストレス状態が長時間続いたり強いストレスがかかったりすると、交感神経ばかりが働くようになってしまいます。
それによって自律神経のバランスが崩れてしまい、冷え性に繋がることもあります。

 

自律神経のバランスを崩す原因はいくつかあります。

過剰なストレス

室温や騒音などもストレスの内に入ります。
他にも人間関係のストレスや、ストレスに弱い性格などもストレスが溜まり自律神経が崩れる原因になります。

 

不規則な生活

夜更かしをしたり昼夜逆転の生活を続けていたりすると自律神経が崩れてしまいます。

 

女性ホルモン

女性ホルモンが変化することによって、自律神経が影響を受けることが分かっています。

 

 

ストレスの軽減がポイント

自律神経のバランスを保つためにも、まずは日頃溜まったストレスを軽減することが大切になってきます。

 

大声で叫ぶまたは歌う

大きな声で歌うことで通常よりも多くの酸素を取り入れることになります。
そして自律神経のバランスを整えることができます。

 

ストレッチをする

ストレッチによって体を柔らかくすることで、血行がよくなったりむくみにくくなったりします。

 

泣く

泣くことによって副交感神経が優位になり、脳がリラックス状態になります。

 

ぜひこれらのストレス解消法を、毎日の生活に取り入れてみてください。
気温や湿度の変化だけでもストレスですから、ストレスを全くかからないようにするということは不可能です。
しかし受けてしまったストレスを和らげたり、ストレス発散をしたり、ストレスとして感じないように溜めないことが重要です。

 

また、ストレスは癌などの色んな病気の原因の一つです。
現状に我慢せず、自分に合った方法で対策を考えましょう。

 

 

リラックスタイムを持つことも大切

入浴はリラックスできる方法の1つ

心身共にリラックスした時間を持つことによって副交感神経が働くため、それと同時に交感神経が休まることになります。

自分がリラックスできる方法は人それぞれ違います。
ゆったりとした気持ちで音楽を聴いたり、趣味などに没頭することでリラックスできる人もいます。
また半身浴をしてじっくりと汗をかくことで副交感神経が働き、心を落ち着けることができます。
このように、リラックスできる時間を意欲的に作りましょう。

 

【金時しょうが粒】

 

こんなにすっごい!、金時しょうが粒を知っていますか?

 

いつも食卓に金時しょうが粒のパッケージを置いておき、1日に2粒だけ飲む習慣を身につけるのは難しい話ではありません。

 

毎晩、靴下を履いてても全然寝付けなかったつらさが嘘のように、裸足でぐっすり眠れるようになるかも?
もう、仕事中にかじかんだ手で必死にパソコンを触るのでなく、快適に鼻うたを歌いながらこなせるようになるかも?
凍るように冷たい日常の拷問から解放されて、同じ悩みを抱える友人にびっくりされるかも?

 

そうしたら教えてあげましょう。

 

「しょうがの4倍の温め成分!、ポカポカ加速成分のヒハツとヘスペリンジン!、潤いのヒアルロン酸まで配合された金時しょうが粒っていうサプリメントがあってね!」

 

冷えは万病の元といいますが、もちろん美容にも大きく影響するんですよ!