末端冷え性と靴下の関係

冷たいから靴下はいて寝ちゃう!?

手先や足先が冷たいと、夜もなかなか眠りにくくなってしまいます。
しかし足が冷たいからといって、寝るときに靴下を履いて寝ていませんか?
実は足先を温めようと思って履いているその靴下が、冷え性には逆効果な場合があるのです。

 

【金時しょうが粒】

 

めっちゃ簡単な冷え性対策!、こごえて眠れない夜にサヨナラ!

 

手順1:いつも金時しょうがを食卓に置いておく。
手順2:1日に2粒飲む!

 

 

足が冷たいから靴下!それって本当に効果あり?

靴下を履いて寝ると末端冷え性が加速するよ。

「足が冷えてしまうから、必ず靴下を履いて寝る」

とか、
「足先が冷たいから、靴下なしでは寝られない」
という方は多いでしょう。

 

しかし靴下を履くことによって、必要以上に足が締め付けられてしまいます。
さらに足が締め付けられることによって、足先まで流れるはずだった血液が滞ってしまいます。

 

その結果、さらに血行が悪くなることによって、冷え性を悪化させてしまいます。
これでは冷えることはあっても温まることはありませんし、本末転倒になってしまいますよね。

 

 

締め付けのゆるい靴下はどうなの?

では靴下を全く履かなければ良いのでしょうか。

 

しかし「靴下を履いて寝たい」「寒い時期だから、靴下を履かないで寝るのは辛い」という意見もあると思います。
そんな場合は締め付けがゆるい靴下を履くことによって、血行が悪くなるのを抑えられて冷えを防ぐことができます。

 

(靴下を選ぶとき、締め付け具合までいちいち確認してないよ)という方も多いと思います。
しかし今後は、(寝るとき用の靴下は)締め付けない靴下かどうかを確認してから購入するようにしましょう。

 

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】

 

末端冷え性の人のために作られた靴下で、締め付け感がないのが特徴です。
実は衣類は複数枚を重ねて身につけるだけでは保温効果はほとんどなく、体と衣類の間に空気の層を作ることによって保温効果が急激に上がります。
リンマーの靴下は、野蚕(やさん)の絹から作られていて、孔質と呼ばれる無数の小孔があり大量の空気を含むことが出来ます。
単にゆるいだけの靴下とは違うのですね。


足を温めないならどうすればいいの?

体の中央を温めてみよう。

末端冷え性の原因の多くは、体全体の熱量が不足していることです。

 

身体の中心には内臓が集まっているため、熱量が不足してしまった場合はまず身体の中心を温めようとする働きが起きます。
身体の中心を温めようとする結果、手や足の末梢が冷たくなります。
そのため手足の冷えは、お腹を温めることによって解消することができます。

 

一見全く関係がないように思えますが、身体はつながっているのです。
意外なところにアプローチをすることによって、改善します。

 

 

その他、末端冷え性の対策

しかし当たり前ですが、締め付けない靴下を履くことだけでは末端冷え性の根本的な解決にはなりません。
冷え性を完全に治すためには、どんな方法が効果的なのでしょうか。
そこで、以下に効果的な対策をご紹介します。

 

より効果的な対策として、有酸素運動と食事内容の改善があります。

 

有酸素運動

ジョギングの効果は絶大!

有酸素運動とはウォーキングやジョギングなどの軽い運動をすることです。

全身を使って運動をすることで体中の血行が促進され、体の中に十分な酸素が行き渡ります。
また運動で筋肉を動かすことやストレッチすることによって、自律神経の働きを正常にするだけでなく、さらに活発にします。
実はこの自律神経のバランスが崩れてしまうと、体温調節機能が働かなくなり末端冷え性になってしまうのです。
体温調節機能を正常に働かせるためにも、有酸素運動は効果的なのです。

 

このように、有酸素運動をすることで体温を上昇させることができます。
しかし今まで運動する習慣が無いと、いざ『運動しよう』と思い立っても長続きしません。
いきなり『有酸素運動をしないといけないから、ウォーキングを5キロする』と決めてしまっても、三日坊主になってしまいがちです。

 

まずはちょっと遠回りして帰ってみたり、近くのコンビニまで歩いてみたりといったことから始めてみましょう。
千里の道も一歩からというように、少しずつ自分のペースに応じて運動量を増やしていけばよいのです。

 

皆さんの末端冷え性体験談でも、
「ずっと末端冷え性に苦しんできたけど、運動を心がけたら急激に良くなった」
という体験談が多くありますよ。

 

 

食事内容の改善

末端冷え性を改善するためには、現在の食事内容を見直すことも必要になってきます。
野菜やたんぱく質、糖質など、身体に必要な栄養素をバランスよく摂取することがとても大切なことです。
ただ1度や2度ではなく、毎日続けることが必要です。

 

トマトやきゅうりなどの夏野菜や、レタスも身体を冷やしてしまいます。
さらにコーヒーも暖かい地域で育ったものなので、身体を冷やす作用があります。

 

逆に身体を温める食べ物としては、しょうがやかぼちゃ、ごぼうなどの根菜類があります。
身体を冷やす食べ物は控え目にし、身体を温める食べ物は積極的に食べるようにしましょう。

 

また当たり前ですが、サラダなどの生野菜や冷たい料理などは、確実に身体を冷やしてしまいます。
味噌汁や煮物などといった温かい料理の方が、体温を高めるために効果的です。
できるだけ温かい料理を取り入れて、身体を温めましょう。

 

【金時しょうが粒】

 

こんなにすっごい!、金時しょうが粒を知っていますか?

 

いつも食卓に金時しょうが粒のパッケージを置いておき、1日に2粒だけ飲む習慣を身につけるのは難しい話ではありません。

 

毎晩、靴下を履いてても全然寝付けなかったつらさが嘘のように、裸足でぐっすり眠れるようになるかも?
もう、仕事中にかじかんだ手で必死にパソコンを触るのでなく、快適に鼻うたを歌いながらこなせるようになるかも?
凍るように冷たい日常の拷問から解放されて、同じ悩みを抱える友人にびっくりされるかも?

 

そうしたら教えてあげましょう。

 

「しょうがの4倍の温め成分!、ポカポカ加速成分のヒハツとヘスペリンジン!、潤いのヒアルロン酸まで配合された金時しょうが粒っていうサプリメントがあってね!」

 

冷えは万病の元といいますが、もちろん美容にも大きく影響するんですよ!